2005年07月24日

やっぱり私は嫌われる

著:ビートたけし
takeshi.gif
もう、10年以上前の本になっちゃうんだけど、たまたま古本屋で手にとってみたらこれがおもしろい!!
内容は古いんだけど思想はこの現代でもあてはまる。湾岸戦争や当時の政治、学校教育、いじめなどビートたけしのぶっきらぼうな言葉で、包み隠さず書かれている。危ない表現も多々あるが、人間の本音のところなんじゃないかな。「人の命は地球より重い」そんなのはうそっぱちだった。
posted by 管理者(のら) at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。