2005年08月19日

政治家の言葉

郵政民営化法案に対しての自民党造反議員はよくこのような発言をしているのを耳にする
「マニフェストには民営化にするなど一言も書いていない。国民的論議を行い、2004年秋頃までに結論を得る。と書いてある。」「国民が選んだ国会が廃案にしたということ、それは国民の声である。」と、理にかなっているように思われるが、はたしてそうだろうか・・・
国民的論議を行い、結論を得る。実にうまい言い方である。ズバッと言わない。逃げ道があるのだ。議論はしたからマニフェストは守りましたよ。と
小泉さんは議論して民営化すると決めていた。反対派は議論して民営化はしないと決めていた。双方の落し所でこのようなマニフェストが作成されたと予測する。そうしないとマニフェストがだせないからね・・・しかし、国民の大半は民営化すると思い期待していた。それは近頃の世論調査をみると明らかではないか。 ここに政治家と国民のズレがある。

「わが党の政策はこんなにもスバラシイんだよ。」って言わない。
「あの党の政策はこれだけダメダメなんですよ。」って言う。
なんかカッコ悪い。気持ちよくないね。こんな発言ばかりだと嫌になるよ。
posted by 管理者(のら) at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。