2005年12月30日

残念・・・重松清「疾走」映画

先日、疾走を見てきました。
非常に残念、おススメできません。

実は私、原作を読んで映画を見るということ自体初めてでしたので、ものすごい期待とワクワクとこの原作をどのように映像にするのか、またできるのかというドキドキで映画館にいきました。
よく先に原作を読みその後映画を見たという人は絶対原作の方が良いというようなことをいいますよね。確かにそれはなんとなくそうなんだろうなと思ってはいました。(自分の一番いい映像を思い浮かべながら読めるわけですし・・・)

原作は上下巻の大作であり、それをむりやり二時間という枠の中に納めてしまい、何もかもが中途半端であった。原作「疾走」は人と人の関係や気持ちの変化を描いている作品であり、細かい描写は削れるものでないと思った。
どうせなら、無理やり枠に収めるのではなく一部分を取り上げて、もっと人の感情というものを描いてほしかったと思う。

期待していただけにとにかく残念です。
原作読んでない人にはあれはありなのか聞いてみたい。
posted by 管理者(のら) at 23:30| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

悪意

著:東野圭吾
akui.jpg
これまで読んだ作品と少し違う感じがしました。宿命とかのほうが名作だとは思いますが、これはこれでありかな。
いきなり犯人がつかまり、その犯人(作家)手記により動機などがわかっていくんだなこれが、推理小説としては変わり種?
posted by 管理者(のら) at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。