2006年02月26日

日曜日の夕刊

著:重松清
sunday.jpgやっぱり重松さんすきだぁ。色んな作者読んでも、結局、ここに戻ってくるんだな。
日曜日、お父さんがいてお母さんがいて「僕」がいて、お兄ちゃんとお姉ちゃんは恋人がいて―。ある町の春夏秋冬、日常の些細な出来事を12の短編小説でラッピング。忘れかけていた感情が鮮やかに蘇る。夜空のもとで父と息子は顔を見合わせて微笑み、桜の花の下、若い男女はそっと腕を組み…。昨日と同じ今日なのに、何故だか少し違って見える。そんな気になる、小さな小さなおとぎ話。
中でも、『さかあがりの神様』『卒業ホームラン』がお気に入り。父と子のせつない気持がぐっときます。。
posted by 管理者(のら) at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

冷静と情熱のあいだ Blu - Rosso

著:辻 仁成 江國 香織
BR.jpg
かつて恋人同士だった男女。恋人時代に交わしたたわいもない約束。本当に、その日、その場所に相手は来るのだろうか……。男の視点を辻仁成、女の視点を江國香織が描く、究極の恋愛小説。

二人の作家さんでそれぞれの人物の視点から描くというとても興味深いTRYであったと思います。江國さんの文章は初めてであり、とっつきにくいところもあり、私は辻さんの「Blu」の方が興味深く読めました。
この作品についての他の読者の感想を拝見してますと、どちらが良かったっていうのは半々くらいのようで、まぁ、作家の好みでしょうね。ほんとはどちらがいいとかではなくて、二つで一つの作品なんだけどやっぱり比べてしまいますねよ。
「順正」側に登場する「芽実」との関係が凄く切なかったです。。
posted by 管理者(のら) at 08:50| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

男たちの大和/YAMATO

yamato.jpgひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき涙・涙・涙
いや〜すばらしい!!!
久しぶりに大作を観たました。内容も、役者も最高。。
戦闘シーンの迫力に日本映画もここまできたかと震えました。ハリウッドのような、もうスゴイ迫力
もちろん内容もいい。もう涙がとまりません。戦争を体験していない私が、当時の兵隊さんの気持ち、母親の気持ちなどを感じ、想像し「感動した」などといってしまうことはおこがましいことと思いますが、本や映画でしかその当時を感じとることが出来ないのも事実で。ぜひ多くの人に観てもらいたい。そして感じて欲しい。
映画館には年配の方も多く、おじいちゃんも来てました。どのように感じたのでしょう?
日本人以外の人も兵隊さんの気持ちを理解できるのだろうか?負けると分かって進む玉砕の精神、当時天皇を神として教育を受けた背景だとか・・・
私は日本の映画をそれほど多く見ていません。(数える程度ですが・・・)これまで見た邦画で一番スバラシイ映画の一本となりました
posted by 管理者(のら) at 09:30| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

世紀末の隣人

著:重松清
rinjin.jpe池袋の通り魔、音羽の幼女殺人、少女監禁、カレー事件、リストラ、田舎移住、ニュータウンの30年……。世紀末の1年の事件は、21世紀のいまも「現役」。遠くて近い隣人たちのドラマに寄り道しつつ迫ってみると、そこにはあなたとよく似た顔が――。直木賞作家による異色ルポルタージュ。

「世紀末の隣人」というタイトルが怖いね。今の時代、いろんな人が生きている。ほらすぐ隣に起こる出来事、事件。やな時代になった。
posted by 管理者(のら) at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。