2006年02月09日

男たちの大和/YAMATO

yamato.jpgひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき涙・涙・涙
いや〜すばらしい!!!
久しぶりに大作を観たました。内容も、役者も最高。。
戦闘シーンの迫力に日本映画もここまできたかと震えました。ハリウッドのような、もうスゴイ迫力
もちろん内容もいい。もう涙がとまりません。戦争を体験していない私が、当時の兵隊さんの気持ち、母親の気持ちなどを感じ、想像し「感動した」などといってしまうことはおこがましいことと思いますが、本や映画でしかその当時を感じとることが出来ないのも事実で。ぜひ多くの人に観てもらいたい。そして感じて欲しい。
映画館には年配の方も多く、おじいちゃんも来てました。どのように感じたのでしょう?
日本人以外の人も兵隊さんの気持ちを理解できるのだろうか?負けると分かって進む玉砕の精神、当時天皇を神として教育を受けた背景だとか・・・
私は日本の映画をそれほど多く見ていません。(数える程度ですが・・・)これまで見た邦画で一番スバラシイ映画の一本となりました
posted by 管理者(のら) at 09:30| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。