2005年12月16日

悪意

著:東野圭吾
akui.jpg
これまで読んだ作品と少し違う感じがしました。宿命とかのほうが名作だとは思いますが、これはこれでありかな。
いきなり犯人がつかまり、その犯人(作家)手記により動機などがわかっていくんだなこれが、推理小説としては変わり種?
posted by 管理者(のら) at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10178062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。