2006年01月25日

そこに僕はいた / そこに君がいた

著:辻 仁成
tuji.jpg初めての作家さんでーす。
2冊とも青春エッセイで辻 仁成さんの青春時代の生き方に羨ましくなります。
どちらかというと「そこに僕はいた」のほうが面白かった。
なかでも
・キャサリンの横顔
・Xへの手紙
が最高にいいです。子供の頃の気持ちがビンビンに伝わってきて、いいですね。
子供の気持ちをわからない大人(先生)と切ない淡い子供心。。
是非読んでほしい。感じてほしい。
posted by 管理者(のら) at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のらさん、コメントありがとうございます。
じゃあ、今度私もこの本読んでみますね。
Posted by しら at 2006年02月20日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。