2006年05月25日

水の恋

著:池永 陽
mizu.jpg親友の死は事故、それとも自殺、あるいは失踪だったのか…?妻・映里子と亡き親友との過去に疑念を抱きながら、昭は真相を突きとめるため、親友の故郷、飛騨の山奥の神馳淵を訪れる。鍵を握るのは伝説の仙人イワナ。昭はそこで心のわだかまりを解き放ち、すでに絆を失いかけている妻との関係を取り戻すことができるのだろうか。人生のさまざまな鬱屈の先にあるたしかな希望と、愛によってたつ男と女の脆さとその再生を見事に描いて心ふるわせる恋愛ロマン。
池永さんはコンビニララバイに次いで二作目。。仙人イワナはこれはこれでおもしろかったよ。コンビニララバイには数段負けるけど・・・
posted by 管理者(のら) at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18464647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。