2006年05月27日

かっぽん屋

著:重松清
kappon.jpg目次ーーーーーーーーーーーー
すいか / ウサギの日々 / 五月の聖バレンタイン / かっぽん屋 / 失われた文字を求めて / 大里さんの本音 / 桜桃忌の恋人’92 / デンチュウさんの傘
ーーーーーーーーーーーー目次
重松清の初期短編集。何作品かは少年の性をリアルに描いた作品。
だいたい、「かっぽん」ってえっちのことらしい・・・電車で読んでたんだけど、後ろから覗かれていないか気になりました。表現が結構リアルで恥ずかしかったです。
posted by 管理者(のら) at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。