2006年10月27日

むかし僕が死んだ家

著:東野圭吾
boku.jpg「あたしは幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは……。超絶人気作家が放つ最新文庫長編ミステリ。

またまた、東野さんを読んでいます。どの本もはずれがなく、毎回楽しく読んでいます。
今回は「むかし僕が死んだ家」タイトルがいいじゃないですか。。このタイトルを見た瞬間、手にとらずにはいられませんでした。
posted by 管理者(のら) at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。