2005年08月09日

「郵政解散」を考える

小泉の郵政改革に賛成である。

東京に住んでると郵便局の必要性はそれほど重要で無いと感じる。
それでもたまに郵便局を利用するとサービスの悪さに腹の立つことが多い、それが民間になればサービスが向上するのは当然だろうし、土日の運営も期待できる。
地方では「郵便局がなくなる」「ユニバーサルサービスがどうの?」とか、我が故郷新潟の田中直樹議員も反対してしまった。しかし民間にできることを官がやりつづけることに、もはや害しかない、郵便事業のネットワークはそれはすばらしいものだと思うが、当時の時代のものであり、時代の移り変わる今ではふさわしくないのだ。
小泉がかかげる「小さな政府」への流れに一般国民の多くは賛成と思うのだが、時代を分かっていないのは反対した多くの政治家たちであると思う。

最近反対派の面々がTVに出演しているが、どれもその反対理由に私を納得させる理由が無い、むしろ「地元の票が欲しいんです。」「私の政治活動にメリットがあるんです。」と言ってもらったほうが気持ちが良い。
「郵政改革は国民がそこまで望んでいない、関心が無い、重要課題は他に山ほどある。」といった声もよく聞く。しかしここまできたら国民の関心ごとであり、他に重要課題があるならさっさと賛成して次に移ってほしかった。
法案の賛否に関係なく小泉憎しや自分の保身にだけ命を捧げるかのごとく反対票を投じているのであれば、情けなく思う。

次回選挙では小泉自民を応援する。

posted by 管理者(のら) at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5744059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。