2005年08月25日

秘密

著:東野圭吾
himitu.jpgドコモ提供いやー読みました。秘密。
東野圭吾さんの作品ふたつめです。
この作品は夫と妻、父と娘または男と女の感情の描写に興味をもちました。あとがきでも広末涼子さんが言っていますが、読み手が男と女で別々のときは非常に感じかたが異なるのではないかということでした。ホントそうだと思います。平介の切なく微妙な感情がグッときました。
東野圭吾さんの作品は過去に「宿命」も読みましたが、両方とも、日常ではありえない(フィクションですね)話しです。が、時間や場面設定、登場人物の細かな生い立ちなどものすごく丁寧なつくりに感動します。
結末は人それぞれ感じるのでしょうけど、私は「ん〜・・・」って感じでした。まぁ面白かった。
posted by 管理者(のら) at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。