2005年08月31日

友に捧げる哀歌

著:赤川次郎aika.jpg
主人公はるかの周りで不審な事件が次々と起こります。出てくる登場人物がみな怪しく思え、話しが進むにしたがい パズルのピースが一つずつ合わさり・・・と、思ったら何度もパズルをひっくり返され。もう夢中で読みました。最後には「おいおいそーきちゃうの・・」的なミステリー小説です。

おもしろかったですよ。なにがいいって「友に捧げる哀歌」このタイトルが実にいいですわーい(嬉しい顔)
posted by 管理者(のら) at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤川次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。