2005年09月15日

ジャンプ

著:佐藤正午
jump.jpgふらふらん〜・・・ちといまいちだったなぁバッド(下向き矢印)
『つきあって半年になるガールフレンドの、突然の「失踪」のお話し。その真相とは…。』といった話しなんだけど、出だしはとても興味をもちました。が、所々にも興味を引く展開などあるのだが、いらない(私には余計な)描写が多すぎるように思いました。
話しの本筋と関係の無い描写をうまく読ませるかどうかが、私にとって「この本面白い!!」ってなるような気もしています。
だから、なんかこの本は話しは面白いのになんかなぁ・・・という感じでした。
posted by 管理者(のら) at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。