2005年11月29日

変身、分身

著:東野圭吾
henbun.jpg東野さんの作品はほんとに読みごたえがあります。
この2冊の本はともに人間の尊厳というのを脳とか医療とかすごく難しい題材を読みやすく、おもしろく、悲しく、切なくとにかく読みはじめたらやめられなくなっちゃいます。
変身のほうはマンガにもなっていたト思います。タイトルは一緒か忘れたけどヤンサンでみたように思います。



-
posted by 管理者(のら) at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9585973

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。