2005年11月20日

天国までの百マイル

著:浅田 次郎
mile.jpgバブル崩壊で会社も金も失い、妻子とも別れたろくでなしの中年男城所安男。心臓病を患う母の命を救うため、天才的な心臓外科医がいるというサン・マルコ病院めざし、奇跡を信じて百マイルをひたすらに駆ける―親子の切ない情愛、男女の哀しい恋模様を描く、感動の物語。
いい、この作品はものすごいオススメ。感動、感動。登場人物の人間像、特にホステスのマリちゃんの優しさがすごく悲して。泪なくして読まれない。
posted by 管理者(のら) at 17:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。